上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.03.23 カニランテ様
13_030_005.jpg
荒くれ日本海の福井県三国町にやってきました。、



13_030_003.jpg
どんなに待ち望んだか「カニランテ様」になることを、プクプクプク(笑)
(知っているヒトだけ知っていればいいです)


そう今シーズンも「わん庵」さんへ行ってきました。
今年は、日帰りお値打ち越前蟹ランチです。
13_030_004.jpg
茹でたて、湯気がのぼってます。


13_030_002.jpg
こちらは焼き蟹みそ。焼くとこんなにおいしくなるものなんですよね。茹でたものも、もちろんおいしいけど。


13_030_001.jpg
夢の時間は儚く、あっという間に終わり。御雑炊まで美味しくいただきました、げっぷ~!
蟹がほんの少しだけ小さくなるコースだったようで、小食の方やご年配の方云々…とあったけど、充分でした。満腹になりましたよ。

なお、3月21日には羊羹を食べる習わしがあるそうですよ。
スポンサーサイト
2013.03.19 暖かく
13_029_011.jpg
暖かくなってきて、芝生も緑色がチラホラしてきました。


13_029_005.jpg
彩りが緑色だけの我が庭にも、色味があるものが咲いて、


13_029_006.jpg
もういつ朽ちるかわからない老木も、今年も頑張って咲かせてます。


13_029_003.jpg
新芽好きシュナ、いつものようにむしゃむしゃしてます。


13_029_004.jpg
うわっ!



13_029_007.jpg
イタリアンパセリも早々にやられました。新芽のみ食された。


13_029_008.jpg
何の花かわからないこの植物も葉の先がかじられてる。



13_029_010.jpg
ガードしてみた。
フィガロも草をむしったり臭いのチェックなどしてウロウロしてます。

ガード後ろ側の段差も自分で降りたり登ったりするようになりました。と書くと、びっくりされるかと思われますが、当初は段差を乗り越えることができなくてできないとなると、じ~っとそのまま固まっていたちょっとひ弱(イタイ)なコだったので・・・


13_029_001.jpg
しばらくすると、だいたいいつもこんな感じで行き倒れています。


13_029_002.jpg
結構、大物なのか?
2013.03.11 歯茎の出来物
花粉やら黄砂やらPMなんてものも飛びまくっているようで・・・春到来ですね。
13_028_002.jpg
日中は暖かいのだけど、日が落ちると冷えくる。
ヒーターがまだまだ大活躍なのだけど、フィガロが吹き出し口あたりを占領しているので、全然温風がこちらにはこない。
ふかふかベッドよりも温風を選んだようだ。



13_028_001.jpg
さて、フィガロの歯茎の出来物についてご報告しておきます。

プロフィール記事にもあるように、


>本人から見て左上の犬歯の隣の前歯に腫瘍ができていました。
>手術の際に切除し病理検査に出しましたが、腫瘍ではありませんでした。
>出来物を取ったら、小さな歯がありました。
>その隙間を埋めるためにできた出来物かもしれないとのことで
>もしかしたら、今後も刺激等により同様のものが出来るかもしれません。
>エナメル質形成不全症です。


昨年の11月頃に出来物を切除したのですが、同じ場所に出来物ができました。
腫瘍かどうか、良性か悪性かはわかりません。

Pinkさんがかかりつけの獣医師に確認したところ、どんなものかはわからないので様子を見ましょうとのことでした。
急激に大きくなって出血などしてきたら悪性だろうし、そのままの状態だとしたら以前切除した場所が、下の歯などの刺激によってできたしこりのようなもの、なのかもしれないそうです。

今のところ、大きさなどの変化は見られない、出血もしていない状態です。本人はいたって元気で、アキレスなどの固いものも(ものすごく)積極的に食べています。

この出来物が今後どうなるのかはわかりませんので、そのあたりもご了承願います。
13_027_004.jpg
待ち人来たらず・・・絶賛里親募集中。ジェミニフィガロより。
20061013_8899.gif
申し込みは↑から





昨年の夏の暑さのせいか秋ごろからひどくなってしまったシュナの皮膚炎もここ最近はすっかりおさまっていた。

マラセチアは真菌(カビ)の一種で、どのワンコの皮膚にも住んでいる“常在菌”なんだそうだ。
いろいろなきっかけで菌が増殖して皮膚炎が悪化するとのこと。
痒い→舐める→炎症→痒い→舐める  負の連鎖となる。


病院ではマラセチア皮膚炎 外用薬「マラセブ」を処方された。

菌の増殖を減らすので、シャンプーした後は素晴らしく炎症が治まるのだけど、すぐにまたカイカイになってしまう。
外皮はシャンプーで清潔に保ちつつ、食事の方も見直すことにした。買ってあった食育の本もひっぱり出してきた。その頃が昨年の秋ごろ。

ついでと言ってはなんだけど、クロのダイエットもかねていろいろ食材を試しましたよ。災い転じて福となす、ではないのだけど、従来のメニューよりもレパートリーが広がりワンコご飯のメニューも増えました。


で、最近はまっているのが「ハーブ」
「ジャーマン カモミール」をお湯に浸しておきます。そのままトッピングしてもいいそうです。
13_027_008.jpg
ハーブにはたくさんの素晴らしい力があるそうだ。
ということで、実験体となったシュナのご飯にはハーブを処方することにした。

ハーブといっても食品となるのでアレルギー反応が出る場合があるので、最初は控えめに使ってます。様子を見ながら追加したり、変えてみたりとして経過観察中であります。


corp_img.gif
ワンコのためのいろいろな講習は「わんこラボ」さんで受講できますよ。アロマやハーブの講座もありです。


とある日の3ワンのごはん。
13_027_006.jpg
ごま油で炒めた豚肉と小松菜、白米。


13_027_007.jpg
じゃがいも・人参・牛蒡・えのき・ブロッコリー・小松菜・えのき・えび・ほたて・あさり・アサリの煮汁も。


13_027_001.jpg
海藻類がないけど、その前の時は入っていたからいいか・・・という感じで作ってます。



13_027_002.jpg
ヒトのご飯はワンたちの残り物なのか、ヒトの残り物をワンたちのご飯になっているのか、微妙なところだけど。



13_027_005.jpg
先日はトライアル予定が直前でキャンセルになってしまったけど、まっ、縁がなかったということで、再募集しております。
毎日のんびりまったりと暮らしております。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。