上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.06.18 おから
最近、おいしいおからを手に入れることができた。
10_031_004.jpg
いつものドッグランでお豆腐屋さんの取り次ぎをしてくれるようになったからだ。
近所のスーパーはおからがなかなか売っていない。主にクロたちの食材用だけど。

そんな中、犬友さんがおもしろいことを教えてくれた。
おからをポテトサラダのポテトの代わりにすると、存外美味しいとのこと。

なので、クロたちのおからから少し頂戴し、作ってみた。
10_031_003.jpg
そのまま和えるとパサパサするので、ツナ缶をスープごと入れおからと和える。


10_031_002.jpg
後は、ポテサラに入れる野菜を混ぜ合わせ、マヨネーズでフィニッシュ。


10_031_001.jpg
こんな感じで完成!これが意外に美味しかったですよ~♪おイモよりあっさりしているよ。
スポンサーサイト
2008.07.10 洋菓子教室
08_059_006.jpg
全然記事にしていませんでしたが、実はパン教室は一段落して(自分の中で・・・・)最近は洋菓子の教室に通っていました。第1回目がこれ、
「プティフール・セック」いわゆる「クッキー」です。バターの香りが濃厚でさっくとした食感です。
ちなみに、左側のものが「ポッシュ・ド・サブレ」で、右側のココア色のものが「バトン・オ・ショコラ」。アイスボックスクッキーのことです。

08_059_007.jpg
そして、「ババロア・ア・ラ・クレーム」です。ババロアです。ふ~!!名前が長い!!おフランス語だそうだ。
このババロアは絶品でした。おいしかったな~。家で作ってみたけど違うものになった。

08_059_008.jpg
第2回目は「ガトー・ア・ラ・シャンテリー」、、、、はいはい、ショートケーキね。ジェノワーズ(スポンジのことね)は全卵を泡だてたものを焼きます。白身と黄身を分けて作る方法もあるそうですが、こちらの教室は全卵で、、、、ということです。あと、ベーキングパウダーも使わないので、真剣に全卵を泡立てなくてはいけないそうです。
教室では贅沢な材料で作っています。「クレーム・シャンティイ」(まわりの生クリームのことね)は、超濃厚、また添加物・安定剤が入っていないので安全安心です。でも、泡立てがものすごく難しいのです。すぐに分離してしまうので注意が必要です。四苦八苦しながらデコレーション出来ました。


第3回目は「シュー・ア・ラ・クレーム」(シュークリーム)と「エクレール・オ・ショコラ」(エクレア)でしたが、即効食べてしまったので画像はなし。こちらは生地さえ膨らめばあとは楽。   でも、先生がいたからきっと膨らんだろうね。まだ、家では作ってません。




08_059_003.jpg
第4回目は「タルト・ド・ポンム・フィユテ・オ・フロマージュ」、、、ふ~。いわゆる「アップルパイ」。パンの時もそうだったのだけど、クロワッサンとか、デニッシュ生地のものは難しい。バターが溶けてしまうと、きれいな層ができないからですが、今回は先生の熱血指導の賜物で、


08_059_002.jpg
携帯画像なのでかなり画像がぶれていますが、生地の層ができています。大変でしたがおいしかったなぁ~。


08_059_001.jpg
そして、第5回目が「ガトー・オ・フロマージュ」(レアチーズ)ね。こちらはアップルパイと比べると、全然楽でした。クリームチーズと生クリームを合わせるタイミングが、ちょっと難しかったですが、オーブンも使わないので今の時期には最適かも。まだ、作ってませんが、、、こればっかだ、、、。

08_059_005.jpg
じゃん、最後は「クグロフ」でした。クグロフ型を使って焼いたケーキです。もっときれいにマーブル模様が出るとよかったのですが、おいしかったのでまぁ、よしとしよう。


08_059_004.jpg
「ガトー・ド・ノルマンディー・ア・ラ・クレーム」も一緒に作りました。ヨーグルトムースの冷たいケーキです。こちらは2層になってます。「ジュレ・ヴァン・ブラン」というゼリーが涼しげですね。これもおいしかったな~。

と、洋菓子コース第1レベルは終了しました。第2レベル、、、とも考えましたが、一応当分はお休みということにしました。その間にその気になったらもしかして作ってみようかな~。と思っています。


          riko_banner.jpg

お留守番してました。リコをよろしくね~!!
08_048_008.jpg
先日、友の紹介で「オーストリア料理」教室なるものに行ってきました。教室といっても先生の個人のお宅で行うのですが。


08_048_007.jpg
美しい!!テーブルセッティングもされています。まずはコーヒーなど飲みながら、談話。いよいよ、お料理です。今回のメニューは「パプリカチキン」でした。

08_048_006.jpg
レシピです。オーストリアは日本でいえば北海道ぐらいの気候らしいので、冬はものすごく寒いそうです。なので、家庭料理には煮込み料理が多いようです。でも、島国日本と違って他国との交流が多いということから、いろいろな国のお料理がつくられるそうです。


08_048_003.jpg
「パプリカチキン」なのでパプリカパウダーがはいってます。こちらのパウダーは赤い色をしていますが、七味のように辛くはありません。マイルドな味わいです。パプリカパウダーはスーパーで買えますが、先生のお宅ではお母さまから送っていただいているそうです。ヨーロッパの香りが・・・。クラクラ。

08_048_002.jpg
先生が盛り付けてくださいました。

08_048_005.jpg
サラダと、

08_048_004.jpg
パスタ。バターとパセリであえています。ソースにからめて頂きました。

08_048_001.jpg
どん!!ソースは最後にサワークリームを使うので、ほどよい酸味とまろやかさが味わえます。とてもやさしい味でした。今度は、骨付きもも肉を使ってみたいです。骨付きのほうがおいしいそうですよ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。